忍者ブログ

一枝で私ふくよかで

一人で、いつも、ちょうど私の梦の中で繰り返し、涙を流したんだろうか。
窓の外の花を静かに落ち、一枝で私ふくよかで席を外して立ち去って、山積みに様々な不可の女の子の酸っぱくしなければならない。中風
爱情ですね、私掏心取り出さ肺のこともあって、私は正気を失ったような痛み。看了である日、私の体にしか残っておらず、静かでした英國自由行
月下独酌、かの月光はいつもほどなら、あたしはピチピチとすごしていました。
盞待グラス換お茶に时间が消耗、僕わかった、かの月光は永远にすべて拾うとしている。
包みの胸に抱かれて花であるが、氷のような冷たい石になってしまう。爱に限りがある。
それらの出会いのためではなく、早すぎは遅かった;それらはそれほど深い梦が浅い;
言葉は寒いから、いつか×が后来人拾って、感动しております。
爱情ですね、私の古びた爱は、誰で持っては手にしたドルだったのだろうか。
いくら年后、私はついに毅然とした姿を見せ、私を书くといい1000曲の詩からいただいた恋人を绝えずを爱している人なのだ。
私の言叶軽そう脆弱や狂人で、しかし、私しか诗に私の故郷に帰ってきた。
爱情ですね、私はあなたの星、私はあなたの月、爱した以上は、この上ない広いです。
私の魂を経験したあまりに多くの軽薄が超然としての姿勢を抱いて、运転は私の肉体だ。
今は现実の长さを越える指摘生命に取りかかる。
爱は、より深い况味里になってこそ、青い広大で命を翻して期間中、爱になってこそ、不老に行きたいのですが兒童營養
一人でも
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R