忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

平伏ど用意で


容保は恭しく謝罪書を手渡し、重臣たちの嘆願書は萱野権兵衛が持参した。
この時、容保は密かに鞘から抜いた小刀を伴の者に持たせていたという。耐え難い恥辱を受けた時には自害するつもりであった。

新政府軍の中村という男は、のちに容保の差し出した謝罪書は難解で読めなかったと打ち明けている。
降伏に当たって、城中の傷病者は青木村に退くことになった。
14歳以上60歳以下の家臣の男子は、猪苗代に移って謹慎するようにと言い渡された。
銃器、弾薬はとりまとめて、開城の日に官軍へ引き渡すことになり、一衛の銃も取り上げられた。
がらがらと荷車に放り込まれる武器は、みな旧式のものばかりで、新政府軍は「よくもこんな古いもので、我らと戦う気になったものだ。」と、声を上げて嘲笑していた。

「直さま、わたしの銃が……」
「今は耐えろ。殿でさえ、憎い薩長に頭を下げたのだ。しかし、この光景は決して忘れまい。胸に刻んでおこう。」
「あい……」

泣くまいとして歯を食いしばっても、悔し涙があふれてくる。
理不尽の波にさらされる容保親子の心中を思い、藩士たちは皆しのび泣いた。
至誠の容保がなぜ、朝敵の汚名を着せられ、逆賊と罵られねばならないのか。
自分たちの払った多くの犠牲は何だったのか。
多くの者が愛する血族を失っていた。

後に、会津藩士はこの日の悔しさを忘れぬように、容保がした緋毛氈の切れ端を分け合って、密かに懐に忍ばせた。
それを秋月悌次郎が「泣血繊」(きゅうけつせん)と名付けた。
文字通り、会津の血涙を吸った緋毛氈という意味だ。
血の涙を吸った小さな布を胸に、生き残った会津藩士は首を上げて苦難の道を行く。

転封された土地は下北の斗南と決まった。
移住した者たちは、極寒の北の地で地獄を見た。
数度にわたる大飢饉で、それまで治めていた南部藩には、流れてきた会津人に融通する余分な食料もない。
新政府は、杖をつきやっとの思いで移動する老人にさえ乗り物を出すのを拒んだ。
交わした約束を反故にした理由は、罪人を乗せる駕籠なきないというものだった。
移動の路銀用に下賜されたわずかな金も、食料もすぐに底をついた。
どこに行こうと、逆賊の会津藩という烙印が、重くのしかかってくる。

それでも新天地で刀に替えて鍬を持ち、いつか会津を再興できればと、人々は夢を持った。
だが、新しく得た転封の地、斗南(となみ)は、作物の生育にはとても適さない荒涼とした地で、枯れた木の根と石ばかりが目立つ痩せた土地だった。
PR

長い髪をなびか

中高年女性の、ロングのダウンスタイルだけは苦手だ。

山口智子だって、長い髪をなびかせても最近治療禿頭は無理があるように思う。

ただ、例外もあって私の好きな萬田久子だけは別。

年の瀬になって、70代も後半のTが長い髪をおろし、ロングのダウンスタイルに。

今まで、ずっと長い髪を小さくまと魚肝油めアップにしていた。

襟足ががきれいで、良く似合っていて素敵だな、と思っていたのに。

残念!若い娘のように、白髪交じりの髪をかき上げるしぐさをする。

篠原諒子でもあるまいし…

おかしい、老婆の顔、前かがみの身体にも全く似合ってない。

本人が満足しているのに、いらんこと言わんでもいいのに…

「ちょっと、無理してない…」 言いそうなわたし。

いやいや、来年からは口チ奶粉試用ャック。誓ったばかりではないか。

日用品の梱包から

現代アートと呼ばれるものは、何よりも独創性が要求される。
誰が、その種のアートを始めたかに重点が置かれる補習導師
誰かの模倣であったり、二番煎じでは評価が格段に下がることになる。
いきおい、誰もやってないアートかどうかということに力点が置かれる。

そのせいか、たしかに独創性はあるが「これがアート?」と思える作品もかなりある。

個人的には、その代表格として、
クリスト&ジャンヌ=クロード(Christo and Jeanne-Claude) という名で活躍する
アーティストがつい挙げてしまいたくなる。
その名を知らなくとも、巨大な白いポリプロピレン布で建築物を梱包してしまうアート
と言えば、思い浮かべる人も多かろうと思う。
パリのセーヌに架かる橋ポン・ヌフを白い布で覆ったり、
ベルリンにある巨大な建造物ライヒスターク(帝国議会議事堂=Der verhüllte Reichstag)
も白い布で覆ってしまったことがある。

ポン・ヌフ

最初は、日用品の梱包から始まったと言われているが、
次第に巨大なものに変わっていく。
1995年に”ライヒスターク”を梱包するにあたっては、
喧々諤々のアート論争まであったという。
山師かアーティストか?
そんなこんなを経ながら、今やクリスト&ジャンヌ=クロードは、押しも押激光脫毛中心されもしない
偉大なアーティストと評価されている。

こうやってみると、アートの世界は、発想の独創性だけを問題にするのではなく、
自己の創造性をいかに実現して行くことが出来るのか?
ということに行きつきそうだ。

「アッと驚かせることがアート」という人もいる。

今となっては写真で見ることしかできないが、
ここまで大きなインスタレーションとなると、
人を「アッと驚かせる」のに充分過ぎるインパクトを持ち合わせているのは確かだ 頭髮護理

Carrie Mathison

Carrie Mathison

• Title: National Clandestine Service case officer at the CIA

• Show: Homeland

• Played by: Claire Danes

Her emotions often fog her judgment -- and her affinity for vino and unhealthy relationships probably doesn't help -- but Carrie's brilliance is undeniable storage shelf.

She follows leads with an obsessive compulsion and won't quit until she's certain all questions have been answered and all corners have been searched fashion women clothing.

Despite her unpredictability and her struggles with bipolar disorder, Carrie remains CIA acting director Saul Berenson's (Mandy Patinkin) most trusted (and used) asset samsung galaxy apps.

China considers end to mandatory animal testing on cosmetics

Hong Kong (CNN) — Cosmetic companies and animal rights groups have welcomed a proposal by China to allow sales of some cosmetics without requiring them to be tested on animals Men clothing brands online.
Animal testing would no longer be mandatory for "non-specialized cosmetics", including shampoo, soaps and certain skin products manufactured in China from June next year, according to a document posted on the website of the China Food and Drug Administration earlier this month.
Beauty companies have long faced an ugly dilemma in China.
Local laws and regulations require animal testing for cosmetic products sold in the country, which has made the lucrative market a tricky area for brands that want to sell in China without alienating consumers in other places that frown upon animal testing.
"Non-specialized cosmetics produced in China could avoid toxicological testing after going through risk and safety checks," the China Food and Drug Administration said home organizer.
Imported cosmetics are not covered in the proposal. But the document indicated that China would gradually ease regulations on animal testing, which would allow more international firms opposed to animal testing to enter China's 134 billion yuan ($22 billion) cosmetics market.
Current regulations require all cosmetics to go through a lengthy approval process known as "toxicological testing" which involves testing on animals like rabbits and guinea pigs.
"The Body Shop welcomes the signals that the Chinese authorities are adopting a new approach to cosmetic testing," spokeswoman Louise Terry said in emailed comments from London.
"We have campaigned against animal testing for over 20 years and we look forward to selling our products in China one day."
Cosmetic brand Urban Decay last year abandoned plans to sell its products in China in response to pressure from consumers and campaign groups, according to Cruelty Free International.
Dave Neale, animal welfare director at campaign group Animal Asia, told CNN the planned changes had come quicker than expected given that local campaigns against animal testing have only been going for two years.
"That's a very significant development because it took many years for European Union to allow these products to be sold (without being tested on animals)."
Earlier this year, a complete ban on the sale of cosmetics developed through animal testing took effect in the European Union.
But Neale added that this proposal would not mark the end of animal testing in China.
"As far as I'm aware, products can still be tested on animals. It just opens the opportunity for non-animal products to be sold," he said Women clothing stores.

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R