忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

祈禱是美麗與高貴的禮物

如果,有醒不了的夢,我一定去做;

   如果,有走不完的路,我一定去走;

   如果,有變不了的愛,我一定去求;

 

   如果,如果什麼都沒有,那就讓我回到宿命的泥土!善意的謊言,我帶著最美麗的那部分,一起化作春泥Yumei水光精華。

 

   可是,連死也不是卑微的人所能大膽妄求的。時間像一個無聊的守獄者,不停地對我玩elyze著黑白牌理。空間像一座大石磨,慢慢地磨,非得把人身上的血脂榨壓竭盡,連最後一滴血水也不剩下時,才肯俐落的扔掉。世界能亙古地擁有不亂的步伐,自然有一套殘忍的守則和過濾的方式。生活是一個劊子手,刀刃上沒有明天。

 

   面對臨暮的黃昏,想著過去。一張張可愛的臉孔,一朵朵的笑聲......一分一秒的年華......一些黎明,一些黑夜......一次無限溫柔生的奧妙,一次無限elyze狠毒死的要脅。被深愛過,也深愛過。認真地哭過,也認真地求生,認真地Yumei水光精華在愛。如今呢?......人世一遭,不是要學認真地恨,而是要來領受我所該得的一份愛。

   我領受了這份贈禮,我多麼興奮地去解開漂亮的結,祈禱是美麗與高貴的禮物。當一對碰碎了的晶瑩琉璃在我顫抖的手中,我能怎樣,認真地嬰兒背帶流淚,然後呢?然後怎樣?回到黑暗的空間,然後又怎樣?認真地滿足。

 

   當鐵柵的聲音落下,我知道,我再也無法出去。

 

   趁生命最後的餘光,再仔仔細細檢視一點一滴,把鮮明生動的日子裝進,把熟悉的面孔,熟悉的一言一語裝進,把生活的扉頁,撕下那頁最重最鍾愛的,也一併裝入,自己要一遍又一遍地再讀。把自己也最後裝入,甘心在二十歲,收拾一切潤唇膏燦爛的結束。把微笑還給昨天,把孤單留給自己。

 

   讓懂的人懂。

   讓不懂的人不懂;

   讓世界是世界,

   我甘心是我的繭。
PR

愛聽《琵琶語》的女人

愛聽《琵琶語》的女人
  近來一位網友時常會和我聊天,有相見恨晚之感。她是一位極其喜歡聆聽《琵琶語》的女人。
  聊得時間一長,踏雪尋梅的情趣,驅使我情不自禁走進她的私人空間,誘惑著我邁入她那娟秀芬芳的小屋,往往讓我流連忘返:品茗一下她那溫馨的心語,咀嚼一番她那雋永的文字,品味一下她那寫意的秒殺定格,聆聽一番她那流香溢美的背景音樂,領略一下她那妙語連珠的情感抒發,甚至會不由自主地拿起話筒,去傾聽她語言的妙曼和心聲的綻放。
  她那讓人迷醉、芬芳的小屋,給我以與眾迥異、嶄新一族的感受,恰似茫茫人海裏盛開的一朵蓮。一種憐愛之意油然而生,雜亂的情絲渾然天成。望著她那似曾相識的姿體語言的特有風韻,心海中難免飄來文由心生、情若其人的詞句。
  出於探詢和獵奇的心情,試著打開了她最近最愛聽的音樂欄,與眾不同,長長的曲目表,竟然有五分之四,都是林海的純音樂--《琵琶語》。
  好奇心的驅使,讓我迫不及待地打開試聽,刹時,一曲淒清婉轉音樂,似幽谷小溪跌蕩進我的心窩。切切私語的琵琶,如泣如訴地展示著東方樂器的魅力,恰似一只頗具魅力之手,始終牽引著我飄渺而癡狂的情感,讓我欲罷不能,欲止不休。淡淡的憂傷、纏卷的情絲、薄薄的霧嵐、微動的漣漪,說不清、道不准,把我的心海蹂躪成溫軟的小溪,隨水涓涓流逝,漫進平靜的淡淡的憂傷中,也讓我領略的江南絲竹的特有魔力。
  沉浸在這音樂之中的心情,用不能自拔來形容,最為恰當,特別是那宛若天籟的女聲伴吟:“啊…啊…啊…”聲,與琵琶的未盡之情,掩映益彰,似山澗幽谷的泉水淺流中鵝卵石,潤滑鋥亮、淋漓盡致、完美天成;又像江南繡女手中緞面上的蘇繡,清爽而細膩,柔滑而又逼真。那感覺恰似皚皚白雪中的梅香,飄進肺腑;又似三秋之時的皓月,鑲嵌在幽藍的天穹,冷凝的月光,如水般澆得你沒頭沒臉。
  長時間的聆聽和流連,驚醒了主人的芳心:“你也喜歡聽這首《琵琶語》!感受如何?告訴你吧,雨春。《琵琶語》能讓我的心情,在這聒噪的塵世中漸驅寧靜、平淡如水、明如鏡知。就如同走進那蘇州的水鄉茶肆,聆聽評彈的嫋嫋之音;又若踏進瘦西湖的煙雨之中,朦朧而清秀。呢喃中凝聚飄逸,飄逸中充滿柔情。但《琵琶語》確有跌宕起伏、飄渺迷茫、淡淡憂傷、哀腸不盡的氛圍。特別是那鋼琴和琵琶主、伴交替,像有巨大的磁性,吸收著我的思緒,讓我有走近曠穀幽蘭的感受。”
  寥寥數語,讓我頓感她的靈智聰慧,有虛懷若谷般的俊逸,脈動的是一顆雲水禪心。也真如她絮語:“漫漫人生旅途,看風起雲卷,花開花落,驀然回首的淡淡一笑。守一顆淡泊之心,擁一份淡然之美。”
  說的真好,“菩提本無樹,明鏡亦非臺,本來無一物,何處惹塵埃。”人本是人,不必刻意去做人;世本是世,無須精心去處世。坐亦禪,行亦禪,一花一境地,一葉一如來,春來花自香,秋至葉碟舞,繁星知了鳴,雪飛山水淨。一切遵循自然的規律,開開心心,輕輕鬆松,平平淡淡,過好歲月靜好的今生今世的每一天!
  記得她在日誌裏品茗道:“女人大多是感性的,有溫柔的一面、活潑的一面時候,也有情緒的一面、惆悵的一面時候,甚至會有刁玩的一面、乖張的一面時候。開心的時候,她會毫無顧忌地開懷大笑;而傷感的時候呢,又會默默無語,會找個安靜的地方,聽聽自己喜歡的音樂望望發呆的天空,看看遐想的白雲……”
  她也曾說過:“《琵琶語》有懷舊的感覺,生活在江北的我,曾經去過江南,夢中的江南,已是很遙遠的記憶,輕輕的和風,柔柔的煙雨,窄窄的青石巷,時常傳來高跟鞋的足音;常青藤掩映的綠簾,不時會傳來呢喃的越劇。還有古老的小樓青磚碧瓦,朱紅的木質樓梯,走上去吱吱呀呀會唱歌,讓人充滿妙曼的情絲……
  初春的江南,天氣變化多端,早上還是陽光洋洋一片,也許午後就會春雨酣暢一場,更增添了水鄉的水意。雨後天晴,又是陽光明媚,好像剛換上新衣的窈窕淑女,曼妙而動人。最為懷念的是那貌似青山的翠竹、疑是天河的碧水。恰似人在詩中行,情在畫中游。”
  每當她想起那曾經踏過美好的時光,總會聽上一曲無詞的《琵琶語》,聊以慰藉一下心海中:思念江南水鄉之情,回味江南絲竹之意,咀嚼一番記憶尚存的江南的殘羹冷炙……
  跌蕩的音樂,往往會引起人的感想,不同的章節,會誘發出迥異的心智,正如我會說的:“對於音樂的領悟和感知,可謂千人千面千心,時遷境遷意遷。”
  她從《琵琶語》的純音樂和現實生活的相映成趣裏,感悟到:“中年女人,具有獨特的魅力,進入人生黃金時期:個性成熟,品格飽滿,精力充沛,內涵豐富,外表嬌媚,風韻猶存,心智成熟、經驗豐富;大氣睿智,心地細膩;可以說無論走到哪里,都是一道亮麗的風景,被別人稱之為美女,也不為過。”
  至於這位愛聽琵琶語的女人,還聆聽出其他的人生妙語是什麼,不得而知,或許是靜謐中的喧鬧,或許是喧鬧中的靜謐,也或許是二者都有,但絕不會是電影裏那種情感重複。

寧靜的夏夜

寧靜的夏夜
  寧靜的夏夜
  八月時節,剛進入初秋,溫度和盛夏有稍稍的變化,尤其是夜晚,能感到絲絲的涼意。我們租住的是一間四層樓房,我住在二樓,打開門窗,過道的風歡快的流動著,好像它也討厭烈日炎炎的酷暑。
  由於週六和周日都沒有上班,除了早上出去吃早餐和賣菜的時間,也懶得出去,在家好好享受這個難得的雙休,白天聽歌上網,逛論壇,和大家分享精彩的 瞬間,累了就躺一會,有時又感到有點浪費時間的感覺,人就是個矛盾的綜合體。玩了,睡了,到晚上精神卻又出奇的好。早早的沖了澡,悠閒的聽著歌,夏日的夜 晚顯得格外的寧靜,寧靜的讓人感到愜意和不安,走到後面的陽臺上,望向深邃的夜空和黝黑的山脈,此起彼伏,近處是一片稻田和菜園,蛙鳴和蛐蛐的叫聲編織著 夏夜的變奏曲,昏黃的燈光無力的延伸著,好像訴說著無盡的纏綿……
  想起兩年前在家中度過的場景,夕陽落到山的盡頭,返家的車流在馬路上川流不息,那是在家的守家的鄉親們在縣城下班回來的場景,雖然沒有路燈,那此起彼伏的車燈,匯成一條歡快的車流,一路上有說有笑的。他們多在工地上幹活,辛苦並快樂著,看著日夜辛苦的大樓拔地而起,領到手的工資,黝黑的臉上洋溢著幸福的笑容,看著子女金榜題名,兒女成家,也是一種別樣的人生,樸實無華,卻是踏踏實實的過著自己的日子。
  風吹進來的涼意,讓我想到那成片的青紗帳,已經鬱鬱蔥蔥的,葉子綠的發黑了吧,應該出天英開花結玉米棒了吧。母親還在擺弄著菜園,趁著早上的涼爽,採摘園裏的紅辣椒,穿成一條條紅彤彤的幸福年。
  忙碌的人們,迎著炎炎烈日;夕陽下的放羊老人,村中的婦孺,調皮的孩子,剩下為數不多的年輕人;綠油油的青紗帳,生機勃勃的田園。突然感到有些悲涼,不是因為秋的緣故,而是因為家的生機,因為生活,剩下的父親母親,妻子兒女……生活就是這樣,當你要得到一些東西,必須作為相應的回報,那就是失去團圓相守的日子……
  夜剛剛落下帷幕,飄泊在外的遊子有的還在工作崗位上忙碌著,有的開始準備挑燈夜戰了,能夠享受正常休息的卻寥寥無幾,有困惑,有甘甜……但願在這個寧靜的夏天都能綻放出絢麗的光彩,光彩奪目,為的是那期盼和堅定的眼神!

遵守的是你的心

    永遠記住你是為自己而活的,別人願意說什麼大可不必放在心上,你是你,他們是他們,你不能一直活在別人的陰影下,嘗試走出別人,去做那個真正的自己,相信自己,你是這世界上無與倫比的美麗,在做任何事之前,別忘了對自己微笑著說“加油,你可以


  沒有舞臺,沒有觀眾,不要就此停止你的舞蹈,請記住,你不是為了舞臺的華美而舞蹈的,也不是為了觀眾的掌聲才存在的,他們都是外物,你要遵守的是你的心,你心中那份不朽的熱愛,那份堅定不移的自我而舞動生命的美,你只要始終堅持下去,不拋棄,不放棄,總有一天你會看到心中的那份光亮!辦公室傢俬
     

  你所追尋的幸福啊,其實就是你腳下的路。不要考慮別的,不要猶豫,走好它,總有一天你會追到你的幸福Office Furniture

    

  青春作證,理想作證,我付出,我無悔雪肌蘭

>

こんな夢を見た

こんな夢を見た。
 腕組をして枕元に坐っていると、仰向に寝た女が、静かな声でもう死にますと云う。女は長い髪を枕に敷いて、輪郭の柔らかな瓜実顔をその中に横たえている。真白な頬の底に温かい血の色がほどよく差して、唇の色は無論赤い。とうてい死にそうには見えない。しかし女は静かな声で、もう死にますと判然云った。自分も確にこれは死ぬなと思った。そこで、そうかね、もう死ぬのかね、と上から覗き込むようにして聞いて見た。死にますとも、と云いながら、女はぱっちりと眼を開けた。大きな潤のある眼で、長い睫に包まれた中は、ただ一面に真黒であった。その真黒な眸の奥に、自分の姿が鮮に浮かんでいる。  
 自分は透き徹るほど深く見えるこの黒眼の色沢を眺めて、これでも死ぬのかと思った。それで、ねんごろに枕の傍へ口を付けて、死ぬんじゃなかろうね、大丈夫だろうね、とまた聞き返した。すると女は黒い眼を眠そうに睁たまま、やっぱり静かな声で、でも、死ぬんですもの、仕方がないわと云った。
 じゃ、私の顔が見えるかいと一心に聞くと、見えるかいって、そら、そこに、写ってるじゃありませんかと、にこりと笑って見せた。自分は黙って、顔を枕から離した。腕組をしながら、どうしても死ぬのかなと思った。
 しばらくして、女がまたこう云った。
「死んだら、埋めて下さい。大きな真珠貝で穴を掘って。そうして天から落ちて来る星の破片を墓標に置いて下さい。そうして墓の傍に待っていて下さい。また逢いに来ますから」
 自分は、いつ逢いに来るかねと聞いた。
「日が出るでしょう。それから日が沈むでしょう。それからまた出るでしょう、そうしてまた沈むでしょう。――赤い日が東から西へ、東から西へと落ちて行くうちに、――あなた、待っていられますか」
 自分は黙って首肯いた。女は静かな調子を一段張り上げて、 
  
「百年待っていて下さい」と思い切った声で云った。
「百年、私の墓の傍に坐って待っていて下さい。きっと逢いに来ますから」
 自分はただ待っていると答えた。する
と、黒い眸のなかに鮮に見えた自分の姿が、ぼうっと崩れて来た。静かな水が動いて写る影を乱したように、流れ出したと思ったら、女の眼がぱちりと閉じた。長い睫の間から涙が頬へ垂れた。――もう死んでいた。
 自分はそれから庭へ下りて、真珠貝で穴を掘った。真珠貝は大きな滑かな縁の鋭どい貝であった。土をすくうたびに、貝の裏に月の光が差してきらきらした。湿った土の匂もした。穴はしばらくして掘れた。女をその中に入れた。そうして柔らかい土を、上からそっと掛けた。掛けるたびに真珠貝の裏に月の光が差した cloud compiting
 それから星の破片の落ちたのを拾って来て、かろく土の上へ乗せた。星の破片は丸かった。長い間大空を落ちている間に、角が取れて滑かになったんだろうと思った。抱き上げて土の上へ置くうちに、自分の胸と手が少し暖くなった。
 自分は苔の上に坐った。これから百年の間こうして待っているんだなと考えながら、腕組をして、丸い墓石を眺めていた。そのうちに、女の云った通り日が東から出た。大きな赤い日であった。それがまた女の云った通り、やがて西へ落ちた。赤いまんまでのっと落ちて行った。一つと自分は勘定した。
 しばらくするとまた唐紅の天道がのそりと上って来た。そうして黙って沈んでしまった。二つとまた勘定した。
 自分はこう云う風に一つ二つと勘定して行くうちに、赤い日をいくつ見たか分らない。勘定しても、勘定しても、しつくせないほど赤い日が頭の上を通り越して行った。それでも百年がまだ来ない。しまいには、苔の生えた丸い石を眺めて、自分は女に欺されたのではなかろうかと思い出した 髮線上移。  
 すると石の下から斜に自分の方へ向いて青い茎が伸びて来た。見る間に長くなってちょうど自分の胸のあたりまで来て留まった。と思うと、すらりと揺ぐ茎の頂に、心持首を傾けていた細長い一輪の蕾が、ふっくらと弁を開いた。真白な百合が鼻の先で骨に徹えるほど匂った。そこへ遥の上から、ぽたりと露が落ちたので、花は自分の重みでふらふらと動いた。自分は首を前へ出して冷たい露の滴る、白い花弁に接吻した。自分が百合から顔を離す拍子に思わず、遠い空を見たら、暁の星がたった一つ瞬いていた。
「百年はもう来ていたんだな」とこの時始めて気がついた drawer storage

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R