忍者ブログ

必要の無い言葉が多いの

私は空き缶を潰そうとしたが無理だった。これが現実だった


私は泣いた方が良いのだろうか?


犯罪者にも現実はつきまとう


誰かパトロンになってくれ許智政  


M・Oを読むたびに絶望する僕はどうしたらいいんだろ?


地域エゴイズム、始まりはいつもそれしかないのだろうか


世の中にはなんて覚える必要の無い言葉が多いのだろう  2001・12・15


シャンプーが目に入り許智政、痛い。淡い屈辱は軽い倦怠へ、もう俺は昔の俺じゃない  2002・2・25


猫に餌をやった。その手を洗った。すまん


楽器を弾けない人間の一生


私に出来ることといえば、街中で弾き語りをしている男に対して漏らした嘲笑を、一刻も早く忘れることだ  


風呂に入る。湯気が立ち上る。私はこの瞬間……  


漫画を読んで、泣いて、どこが悪い許智政?  


旅が飽きたというニヒリストが一人、「なんでだ?」
PR

て、行間を読む癖があ



わたしは、じつのところ、冗談の塊なのであるreenex 效果

う~ん・・・そういうふうに感じる人は、あまりいないようだが、
実際は、そうとう、フニフニ、おちゃらけなのだ。

文字が勝手に踊っているのだろうか。

そして、行間を読む癖があって、
行間には、時として、書いている本人でさえ気付いていないことが埋まっている場合がある。
深層心理という、厄介なものだreenex cps
そんなものは、本人でさえ気付いていないのだから、他人がとやかく言う筋合いのものではないが。


それと・・・
ひとつ感じたこと。
それは、類は友を呼ぶということ。
集まっている人を見ると、似たような人。
そりゃ、集まるわ。
これは、とても実感しました。
まあ、当たり前のことだけれどreenex hong kong

睡眠が足りていなく


 しんどくて、出社の支度がもたついた。本日、5分ほど遅刻reneex

 なんだかしらないけど、駅も電車も込んでいた。海外からの旅行者の雰囲気ではない。受験生がどっさり出てきた感じだ。

 職場は、そんなことは関係なく、どっさり仕事が溜まっている。

 でも、眠い。睡眠が足りていなくて、集中が続かないReenex 好唔好

 昼食。どこも込んでいて、入れた店が、そば屋だった。温かいそばを食べると、なおさら眠くなった。

 明日からの監査の下準備がほぼ片付いていて、気が緩んでいるのもある。まあ、睡眠が足りてないのが決定的なのだが。

 ただ、今週のメドが立っても、来週再来週の仕事がめちゃくちゃボリュームがあって、昨日から少しずつ処理を始めているが、ちっとも終わりそうな気配がない。

 もっと焦ってざくざく片付けてもいいくらいだけど、寝不足のだるさに勝てないReenex 好唔好

日用品の梱包から

現代アートと呼ばれるものは、何よりも独創性が要求される。
誰が、その種のアートを始めたかに重点が置かれる補習導師
誰かの模倣であったり、二番煎じでは評価が格段に下がることになる。
いきおい、誰もやってないアートかどうかということに力点が置かれる。

そのせいか、たしかに独創性はあるが「これがアート?」と思える作品もかなりある。

個人的には、その代表格として、
クリスト&ジャンヌ=クロード(Christo and Jeanne-Claude) という名で活躍する
アーティストがつい挙げてしまいたくなる。
その名を知らなくとも、巨大な白いポリプロピレン布で建築物を梱包してしまうアート
と言えば、思い浮かべる人も多かろうと思う。
パリのセーヌに架かる橋ポン・ヌフを白い布で覆ったり、
ベルリンにある巨大な建造物ライヒスターク(帝国議会議事堂=Der verhüllte Reichstag)
も白い布で覆ってしまったことがある。

ポン・ヌフ

最初は、日用品の梱包から始まったと言われているが、
次第に巨大なものに変わっていく。
1995年に”ライヒスターク”を梱包するにあたっては、
喧々諤々のアート論争まであったという。
山師かアーティストか?
そんなこんなを経ながら、今やクリスト&ジャンヌ=クロードは、押しも押激光脫毛中心されもしない
偉大なアーティストと評価されている。

こうやってみると、アートの世界は、発想の独創性だけを問題にするのではなく、
自己の創造性をいかに実現して行くことが出来るのか?
ということに行きつきそうだ。

「アッと驚かせることがアート」という人もいる。

今となっては写真で見ることしかできないが、
ここまで大きなインスタレーションとなると、
人を「アッと驚かせる」のに充分過ぎるインパクトを持ち合わせているのは確かだ 頭髮護理

羊毛敷き布団

私はこの冬から低反発マットレスで寝ています。これが扱いづらい。
その下に、片付けるのが面倒だったので羊毛敷き布団も敷いていたのですが、それがジトっと湿っていました。
どちらもヨッコラセーっと持ちだして、干しました。

そしてスノコベッド、こちらはキャスターがついているので動かしやすいので、二つ折りにしてデッキに持ち出し、カビを拭き取り天日干し護髮中心

ベッドのあったところもジトっとしています。
掃除機をかけ、拭き掃除をしてから、床に向けて扇風機稼働。

そして、懸案の雪隠詰め回避作戦を開始。
この前から動きが悪くなっていたトイレの引き戸の滑車の掃除をしました。

私がトイレに入ると、たいてい二匹がやってきます。閉めておいても僅かな隙間に鼻を突っ込んで入ってくる凛太郎。
最初は凛太郎だけでしたが、最近ではハクも入ってきます。
きっちり閉めておくと、ドアをガリガリするので、仕方なく隙間をつくってやることになってしまいます。
トイレくらいヒトリでゆっくりしたいのに・・・。

というわけで、私を含め3匹の毛が戸車に絡みついているのだろうと推測しました。
先日も一度やってみたのですが、イマイチ滑りが悪い產後脫髮

もしも開かなくなったら、どこから出ようと、用を足しながらくだらないことを考えました。
窓からは出られませんし、もしも外せなかったら・・・
というか入れなくなった時の方がもっとヤバイです。

こういう悩みは杞憂にすぎないはずですが、引き寄せの法則もあり、悪いことは叶ってしまうということがよくあります。

トイレの引き戸をよっこらせと外したのですが、最初戸を横にするという知恵が浮かばなかったのと、こんな狭いところから出せないと決めつけてしまっていて、トイレ内で台の上に載せて、戸車が見えないままゴシゴシやっていたのですが、埒が明きません。

「そや、これをはめる時に入れはったんやから、出せるはず」と斜めにして、うんこらしょと出し、ようやっと戸車としかと顔つきあわせて掃除にかかりました。torial

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R