忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

睡眠が足りていなく


 しんどくて、出社の支度がもたついた。本日、5分ほど遅刻reneex

 なんだかしらないけど、駅も電車も込んでいた。海外からの旅行者の雰囲気ではない。受験生がどっさり出てきた感じだ。

 職場は、そんなことは関係なく、どっさり仕事が溜まっている。

 でも、眠い。睡眠が足りていなくて、集中が続かないReenex 好唔好

 昼食。どこも込んでいて、入れた店が、そば屋だった。温かいそばを食べると、なおさら眠くなった。

 明日からの監査の下準備がほぼ片付いていて、気が緩んでいるのもある。まあ、睡眠が足りてないのが決定的なのだが。

 ただ、今週のメドが立っても、来週再来週の仕事がめちゃくちゃボリュームがあって、昨日から少しずつ処理を始めているが、ちっとも終わりそうな気配がない。

 もっと焦ってざくざく片付けてもいいくらいだけど、寝不足のだるさに勝てないReenex 好唔好
PR

日用品の梱包から

現代アートと呼ばれるものは、何よりも独創性が要求される。
誰が、その種のアートを始めたかに重点が置かれる補習導師
誰かの模倣であったり、二番煎じでは評価が格段に下がることになる。
いきおい、誰もやってないアートかどうかということに力点が置かれる。

そのせいか、たしかに独創性はあるが「これがアート?」と思える作品もかなりある。

個人的には、その代表格として、
クリスト&ジャンヌ=クロード(Christo and Jeanne-Claude) という名で活躍する
アーティストがつい挙げてしまいたくなる。
その名を知らなくとも、巨大な白いポリプロピレン布で建築物を梱包してしまうアート
と言えば、思い浮かべる人も多かろうと思う。
パリのセーヌに架かる橋ポン・ヌフを白い布で覆ったり、
ベルリンにある巨大な建造物ライヒスターク(帝国議会議事堂=Der verhüllte Reichstag)
も白い布で覆ってしまったことがある。

ポン・ヌフ

最初は、日用品の梱包から始まったと言われているが、
次第に巨大なものに変わっていく。
1995年に”ライヒスターク”を梱包するにあたっては、
喧々諤々のアート論争まであったという。
山師かアーティストか?
そんなこんなを経ながら、今やクリスト&ジャンヌ=クロードは、押しも押激光脫毛中心されもしない
偉大なアーティストと評価されている。

こうやってみると、アートの世界は、発想の独創性だけを問題にするのではなく、
自己の創造性をいかに実現して行くことが出来るのか?
ということに行きつきそうだ。

「アッと驚かせることがアート」という人もいる。

今となっては写真で見ることしかできないが、
ここまで大きなインスタレーションとなると、
人を「アッと驚かせる」のに充分過ぎるインパクトを持ち合わせているのは確かだ 頭髮護理

羊毛敷き布団

私はこの冬から低反発マットレスで寝ています。これが扱いづらい。
その下に、片付けるのが面倒だったので羊毛敷き布団も敷いていたのですが、それがジトっと湿っていました。
どちらもヨッコラセーっと持ちだして、干しました。

そしてスノコベッド、こちらはキャスターがついているので動かしやすいので、二つ折りにしてデッキに持ち出し、カビを拭き取り天日干し護髮中心

ベッドのあったところもジトっとしています。
掃除機をかけ、拭き掃除をしてから、床に向けて扇風機稼働。

そして、懸案の雪隠詰め回避作戦を開始。
この前から動きが悪くなっていたトイレの引き戸の滑車の掃除をしました。

私がトイレに入ると、たいてい二匹がやってきます。閉めておいても僅かな隙間に鼻を突っ込んで入ってくる凛太郎。
最初は凛太郎だけでしたが、最近ではハクも入ってきます。
きっちり閉めておくと、ドアをガリガリするので、仕方なく隙間をつくってやることになってしまいます。
トイレくらいヒトリでゆっくりしたいのに・・・。

というわけで、私を含め3匹の毛が戸車に絡みついているのだろうと推測しました。
先日も一度やってみたのですが、イマイチ滑りが悪い產後脫髮

もしも開かなくなったら、どこから出ようと、用を足しながらくだらないことを考えました。
窓からは出られませんし、もしも外せなかったら・・・
というか入れなくなった時の方がもっとヤバイです。

こういう悩みは杞憂にすぎないはずですが、引き寄せの法則もあり、悪いことは叶ってしまうということがよくあります。

トイレの引き戸をよっこらせと外したのですが、最初戸を横にするという知恵が浮かばなかったのと、こんな狭いところから出せないと決めつけてしまっていて、トイレ内で台の上に載せて、戸車が見えないままゴシゴシやっていたのですが、埒が明きません。

「そや、これをはめる時に入れはったんやから、出せるはず」と斜めにして、うんこらしょと出し、ようやっと戸車としかと顔つきあわせて掃除にかかりました。torial

一枝で私ふくよかで

一人で、いつも、ちょうど私の梦の中で繰り返し、涙を流したんだろうか。
窓の外の花を静かに落ち、一枝で私ふくよかで席を外して立ち去って、山積みに様々な不可の女の子の酸っぱくしなければならない。中風
爱情ですね、私掏心取り出さ肺のこともあって、私は正気を失ったような痛み。看了である日、私の体にしか残っておらず、静かでした英國自由行
月下独酌、かの月光はいつもほどなら、あたしはピチピチとすごしていました。
盞待グラス換お茶に时间が消耗、僕わかった、かの月光は永远にすべて拾うとしている。
包みの胸に抱かれて花であるが、氷のような冷たい石になってしまう。爱に限りがある。
それらの出会いのためではなく、早すぎは遅かった;それらはそれほど深い梦が浅い;
言葉は寒いから、いつか×が后来人拾って、感动しております。
爱情ですね、私の古びた爱は、誰で持っては手にしたドルだったのだろうか。
いくら年后、私はついに毅然とした姿を見せ、私を书くといい1000曲の詩からいただいた恋人を绝えずを爱している人なのだ。
私の言叶軽そう脆弱や狂人で、しかし、私しか诗に私の故郷に帰ってきた。
爱情ですね、私はあなたの星、私はあなたの月、爱した以上は、この上ない広いです。
私の魂を経験したあまりに多くの軽薄が超然としての姿勢を抱いて、运転は私の肉体だ。
今は现実の长さを越える指摘生命に取りかかる。
爱は、より深い况味里になってこそ、青い広大で命を翻して期間中、爱になってこそ、不老に行きたいのですが兒童營養
一人でも

任意の抒写の事

あなたの文字はひとつの強豪があって、そこ刀光剑影もあり、小橋流水,デファードタイムで心海レフティングに対しても、秉窓夜読けど、雪と氷の下に細いによって動くの渓流は梅のプライドに雪て笑いの風景だ。一つの風姿舌たらずのあなたは、舞ながら文字の長剣、かなと、深い実力があって、人を間近にしておきながら、二の足を踏んでいた配布さが猛威を振るった魂の魅力を平價酒店!
彼女は、もう忙しくても惜しんで落下のあなたの言叶を使った。
彼らは時間をしたり、または闲、文字が忙しくて、多かれ少なかれ、ぜひ覚えて书き続け。
あなた、彼の本を読んでいると、彼女たちは、彼女たちのコメントも情报、濃い暖く心を見ると、思わず涙に注意しなければならない。俺の浅淡に対しては似たような文字は、俺の無章無秩序の独り言が狂っている言が狂っている語、数年からあなた达はいつも過度の寵愛を受けて、甚だしきに至っては、そこで溺爱しつづけていた私を与えるばかり肯定と激励を送る。残念なことに、このようにする长年来なくても、私は依然として足踏み状態なので、不可能一種の限界、もっと无力に数々の疑惑を増す。私はsで、文字で、ディスプレイ一てキーボードを一曲一杯のお茶で、一人の世界、ぶつぶつ呟き、ぶつぶついっ。その感情については、小さな哀愁と、小憂愁を描く、小さなだった。懐かしい、小さな葛藤、小さな迷って、小さなつぶやく。小さなおめでとうございます、小さな悲しみ、小に瑟を……久远のの一部にならなければならないと何度も言及されても、思いも気持ちも私に招待の文の中で、任意の抒写の事しつつある。
ほほほ、私じゃないの。それで自分の自己わがまま、裏切る画意過ぎる。以前から構想した小説では、多くの断章残句バラバラにドキュメント里ストレージnを深く、金桂冠(キム・ゲグァン)を书き终わってできなかった。毎年、毎日、私は手放せないのが人民元を落胆させそうです、そうです。私は、その水瓶のを饮んだり食べたり拉撒がんじがらめに忙しいそう、実はそんなものが口実は、実は私は结局は1つの椅子に向上心といったの小さな女子、もともとました。その「能力も持っていないで文字を書くことにご饭を食べます。まるで何人のことであろうし、一部の情を内面を過度に重視するとしても、吹き荒れを呼んで、タバコを吸う場合、は頭を悩ませている。その察知总是)環境がまたな気分もなかったいくつかの資格と権力だ。
本当にを书いて、このようにする长年、书きました、そんなに考えたことがないように书きと読むすくむの間にどのような人を感动させた感動的な悦人の交じりだった。しか知られていない。が、毎回や残忍や覚醒したり困惑やに瑟やこなさで執拗に涙を浮かべていたりするよりは、自分が着、またはて負傷や酔ったのが文字に踊りに、あえて伴奏せずに、観客、私のみに1部の横行できる、ただ一分の详しく彻底するほど、韓国側が次々と自己を乗り越えて、自分に、自己調節して、自己を楽しめる。现実の中の私は生きてたのはとても疲れていることは難しく、まい心の山に登り、がどれほど远走あとどれくらい歩いてはどれくらいの心と心を繰り返し、離反を原点に立ち返り、がゆく漸明晰漸を明确にして自分のに必要な所には、口が考如新nuskin產品えている感想をしなければならないと思います。た非文字にできることを開設、実はシムジする必要はないだろうが命の歴程余计な"だったため、生活は以前に心をがあったからこそならではの魅力です;霊魂の集うソロがありますので、鮮やかに力を加えて;霊魂の集う山があったので、执着追求~本当に美しい純粋の私があるのだ>。

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R